商品系列: JOHN LAWRENCE SULLIVAN [ジョンローレンスサリバン]


JOHN LAWRENCE SULLIVAN[ジョン ローレンスサリバン]
2020-2021 AUTUMN WINTER COLLECTION

今シーズンは、ドイツの映画監督 Wim Wenders の作品と、
ドイツのコンテンポラリーダンスの振
付師であり、ダンサーでもあったPina Bauschのパフォーマンスに
インスパイアされたコレクションを発表。

花柄と幾何学模様のプリントはハンドペイントでデザインされ、
サイドにボックスプリーツの入ったワイドトラウザーズは極端なフレアシルエットを作り、
ボタンディテールのチェスターコートとオーバーサイズニットはスタイリングで、
Pina Bausch のパフォーマンスの流動性を表現。

▶︎JOHN LAWRENCE SULLIVAN 2020-21 AUTUMN / WINTER COLLECTION LOOK BOOKはこちら◀︎

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
デザイナー:柳川 荒士

JOHN LAWRENCE SULLIVAN - ジョン ローレンス サリバンは
日本を代表するファッションブランドの1つ。

ウエストがシェイプされた美しいシルエットの
テーラードジャケットなどのアイテムに代表される、
優雅さ、強さ、美しさを非常に大切にしている。

伝統的な英国テーラードが基盤にあり、シーズンによりミリタリーや
スポーツテイストなどをプラスしたスタイルを展開。

「強さ」「美しさ」の追求のため、ミリ単位までこだわりをもってデザインしているほか、素材にもこだわりを持つ。

デザイナーの柳川 荒士は1975年、広島県に生まれる。
4年間リングに上がり、ファッションにかかわる前はプロボクサーという異例の経歴を持つ。

アマチュアボクサー時代には三階級王者にもなり、具志堅用高にも見込まれプロになったという。

ブランド名は伝説のプロボクサー、ジョンローレンスサリバンに由来したもの。

ボクシング史上に名を残す伝説のヘビー級初代チャンピオンで、1950年代、ボストンストロングボーイと呼ばれた。

その強さ、風格、威厳、全てをファッションで表現しようという想いがブランド名にこめられている。

プロボクサー時代には、ショップで服の販売のアルバイトを経験、引退後、イギリスに渡り、古着の買い付け販売を経験。

そのときのイギリスファッションの影響を受け、「自分でかっこいいジャケットを作りたい」という想いから独学で英国テーラードを学び、服作りを始める。
2003-2004A/Wより販売をスタート。
2007S/S東京コレクションにデビュー。


24 項產品